平成30年6月20日(水) 島根県江津市より能美顕之先生をお迎えして研修会を行いました。

先生から「蛍」というお題を頂いて、俳句の初心者も経験者も一緒になって午前中は句会をいたしました。

俳句って出来るだろうか?と大変心配しておりましたが、沢山の方から投句して頂き、その投句の中から、自分がいいと思う句を選句しその句について感想を述べ、投票しました。投票が1番多かった人に先生から賞品のプレゼントがあり、大いに盛り上がりました。(投句数48句   投句者数32名)

 

 

「蛍」という1つの言葉だけでみなさんの色々な想い、表現を知り、それをその場のみんなで共有できる句会というものに少し触れることができました。いつもなら、日常の出来事としてボーッとして見逃しているようなことを俳句という五・七・五の決まりの中に自分の想いを切り取って表現する楽しさも少しわかったように思いました。 

午後からは先生のご経験を通されて、阿弥陀様が私たちにかけられた願いについてお取り次ぎ頂きました。

1日を通して激しい雨にも関わらず、沢山の方にご参加頂きました。また、会所の徳正寺様には手作りの蛍のポストカードやお菓子を頂き温かいおもてなしをして頂きました。南無阿弥陀佛(文責 宇和島組組長 信國正道)